稼げる『がっちりドットコム』

がっちりドットコム

スポンサードリンク

株式投資

利益を出しやすい状況

投稿日:

株式投資に限らず、ギャンブルも含めた、投資は、資金を多くもてば待つほど勝つ確率が高くなります。当然、資金が多くなれば、株を買い集めて値段を意図的に吊り上げることも可能でしょうし、大量の空売りを行い、安くなったところで買いに入り儲けることもできます。

見せ板を使い、株価を操作することも十分できます。

そんなこと本当にできるの?とお思いかもしれませんが、知らないだけで。市場では、証券取引委員会の目をかいくぐってそのような取引が頻繁におこなわれています。

個人投資家が、そんな莫大な資金をもった機関投資家や、ファンド、仕手といわれる株式投資のプロたちと同じ土俵で勝負することは、無理でありとうてい勝てるわけがありません。

アリが象に立ち向かっていくようなものです。トマホークと竹やりでは勝負にならないのです。機関投資家や、ファンドなど、プロが戦っている市場(投資対象)というなは、時価総額の大きい大型株の優良企業です。まぜなら、大型株でなければ、運用している金額が数百億、数千億という桁違いの単位のために、買いで、値段が大きく変動してしまい、利益が上げにくくなるからです。機関投資家には、誰よりも、何処よりも早く投資情報が入ってきます。こういったことから、アナリストysファンドマネジャーと勝負しても勝ち目がないことは明らかです。それよりも、こういったツワモノたちが手を絶対させない、割安株、低位株、小型株のほうが、個人投資家にとって、断然、利益を出しやすい状況にあるのです。

実際、こういった市場で勝負していったほうが大型株、割高株に比べて、パフォーマンスが良いことは過去のデータを見ても明らかになっています。

株式市場で儲けを出すということは、他の投資家よりも、早く買いに入り、安値で仕込み、株価が上昇してきたところで、売却しなくてはなりません。自分がその銘柄を買った以上、誰かに買った株をもっと高い値段で、売却するのです。

そういった視点で、ものを見ていくと、割安株市場、小型株市場には、まだ、株をはじめて間もない初心者や、手持ち金額の少ない零細投資家がいるのですから、そういった人たちと勝負していけばいいわけです。これらから考えても、個人投資家が一番利益を得やすい、億万長者に一番近い市場が、割安株市場なのです。割安株市場には、お金がたくさん埋まってくるのです。あなたは、そのお金を一枚一枚、拾っていけば良いわけですので簡単ですね。

-株式投資
-, ,

Copyright© がっちりドットコム , 2018 All Rights Reserved.