稼げる、儲けるヒント

がっちりドットコム

スポンサードリンク

株式投資

株式市場の「アノマリー」を利用する

投稿日:

“株式市場は、常に効率的である。”という言葉があります。時には、変則的な動きをすることもあるのです。神の見えざる手も、時には気分屋なのです。それを「アマノリー(変則性)」と呼びます。以下にいくつか挙げてみましょう。
【週末効果】
週末効果とは、1週間のうち、月曜日の上昇率が低く、金曜日の上昇が高いという統計です。恐らく、多くの投資家は週末に銘柄選別などを行っており、土日に銘柄情報を手に入れた投資家が、もっとも魅力のある銘柄を見つけ、そちらに乗り換えるために、月曜日に売ってしまうことが考えられます。
【1月効果】
1月効果は、1月の上昇率が他の月と比べて高いという統計です。
先進国各国で調査を行い、世界の主な株式市場において同じような現象が確認だれています。正月は市場が休みの為、その間貯まった市場エネルギーが放出されるのかもしれません。世界中、国籍は違えども、投資家が考えることは同じなのでしょうか。
【上半期効果】
上半期効果は、日本の株式市場において、“上半期の市場の株上昇率は、下半期の市場の株価上昇率を上回る。”というものです。上半期効果は、他の国ではみられず、日本の株式市場だけの特徴であるようです。
上半期の中でも、特に上昇率が良いのが1月です。
1月効果があるのでしょう。
下半期は、上昇率自体がマイナスになっています。
ということは、必然的に下半期だけ投資している人は、儲けにくいということです。
この方法を利用しない手はありませんね。
以上、アノマリーについて挙げてみましたが、成功している投資家はこのアノマリーもうまく利用している人が多いのです。
株式市場も、時には、非効率的な動きをすることもあるのですから、こういった変則的な株価の動きは、投資家たちの心理を表したものなのかもしれませんね。

-株式投資
-, ,

Copyright© がっちりドットコム , 2018 All Rights Reserved.