稼げる、儲けるヒント

がっちりドットコム

スポンサードリンク

株式投資

証券会社の選択

更新日:

 

自分の投資スタイルを考えよう

最初に証券会社に口座を作りましょう。口座を作らないと取引できません。

証券会社は山ほどあります。大手から小さいところまで、もうそれこそ選びたい放題です。最近はインターネットの取引もありますから、それこそ選択肢が多すぎます。実際にはどこがいいのでしょうか?

まずは各証券会社と、主にインターネット取引するのか、それとも電話での取引をするのか、自分が主にどういったスタイルで株式投資をするのか決めておいた方がいいと思います。

常に机に向かってパソコンに向かっているような職業の方であれば、インターネットで、の取引が向いているでしょうし、逆に外に出ていることがほとんどの営業の方であれば、電話での取引の方がスムーズに売り買いできるで、しょう。そうした自分の投資スタイルに合わせて、証券会社を選ぶと良いでしょう。

ネット証券会社と従来型証券会社

インターネットで、取引するネット証券会社の場合、なんと言ってもその魅力は手数料の安さにあります。手数料がかなり安いネット証券会社がどんどん出てきています。従来の証券会社と電話での取引で、 1万円ぐらいはかかってしまうところ、インターネットでの取引では3千円ぐらいで済んでしまいます。さらに、各ネット証券会社のサイトから、さまざまな分析用のツー ルを無料で使うことができたりしますので、そうした面が長所でしょう。ネット証券会社を選ぶ際には、手数料のなるべく安いところを選びましょう。

最近は証券会社の比較がネット上に紹介されています。参考にしてください。

しかし、webサイトからの取引になりますので、当然営業マンと話ができるわけではありませんから、自分の欲しいと思った銘柄や、そのほかの情報を聞くことはできません。全て自分自身の判断が求められるのが短所といえます。また、最近ではネット証券会社に口座を持っていると、パソコンで取引するだけではなく、携帯電話からでも取引できるようになっています。

従来型証券会社で取引する場合、店頭での注文も可能ですが、普通は電話での売り買いになります。主に外に出ている職業の方、パソコンの操作に慣れていない方であれば、電話で売り買いできます。

ただしネット証券会社と比較して手数料が高いのが短所と言えるでしょう。

取引額にもよりますが、1回の取引で1万円以上の手数料が必要なります。売り注文の際は、この手数料と税金分を余分に計算しておかないといけないので、注意が必要です。

手数料は高いかもしれませんが、電話で取引するので、営業担当者との会話を通じて、株式情報・銘柄情報が得られるのが最大の利点だと考えられます。証券マンから、いろいろな情報を得たい場合は、従来型の証券会社が良いでしょう。

ネット証券会社と従来型証券会社は、例えるなら、スーパーで買い物するか、市場で買い物するかに似ています。スーパーの場合は多くは商品選びを自分自身の判断のみであるのに対して、市場では買い物する際に、買う前に店の人に商品についての問い合わせや、品定めができ、また料理の方法を聞くことができます。それぞれ一長 短があり、どちらが良い悪いとは言えません。

両方に口座を開設して、うまく使い分けしていくと良いと思いま す。

 

 

-株式投資
-, ,

Copyright© がっちりドットコム , 2018 All Rights Reserved.