稼げる、儲けるヒント

がっちりドットコム

スポンサードリンク

未分類 株式投資

信用取引は推奨できない

投稿日:

株をやり始めて、少し儲かるようになってくると、誰でも頭に思い浮かべるのが、現物取引でこれだけ儲かっているのであれば、「信用取引をして、扱える金額の枠をもっと大きくすればさらに儲かる!」という事を考えないでしょうか?
大手証券会社では、信用取引を行うためには2,000万円が必要となりますが、ネット証券では30万円くらいから簡単に信用取引が可能です。
自己資本が仮に、1,000万円あった場合は、最大3,000万円まで取引が可能になります。また、信用取引では、下がりそうな会社の証券を証券会社から借りて、売りたて(空売り)、その株が下がったところで買戻し、その差額で利益を得るという取引手法もあります。
確かに、信用取引を行えば、株価の下降局面でもトレードできるので、売買チャンスも増え、取引形態も増えるわけですから、今よりもっと儲かりそうだし、便利な制度ではあると思います。然し、過去の歴史から見ても大儲けしている人物というのは、信用取引など一切利用していないのです。どちらかというと、初心者を通りこして、中級者クラスの人が信用取引を利用しているようです。そして上級者になれば、信用取引を利用している人は殆どいません。
信用取引をしていると、借金という感覚がなく、実際のところは借りている機関は、証券会社に金利も支払いますし、信用取引で増えた枠というのも借金そのものなのです。
今では、ネット証券会社などでは、無期限信用取引というものも、用意していますが、基本的には、6ヶ月以内での決済が求められます。
うまく儲かれば資金が加速度的に増えていくので、いいですうが、下がれば、追証を積むか、持ち株の処分をしなくてはなりません。
こうなると、株価が下がれば、下がるほど、地獄の追証が待っています。
外的要因例えば、リーマンブラザーズ破綻などにより、急激な下落に対処でできず損失を招くことになります。信用取引はあまり勧めません。
信用取引など使わなくとも株で稼ぐ事は十分可能です。急がば回れ、この言葉をよく頭にいれておきましょう。

-未分類, 株式投資
-, ,

Copyright© がっちりドットコム , 2018 All Rights Reserved.